変更履歴

CodeRabbitの最新のアップデートやバグ修正についてご覧ください。

2024/05/23

New Features and Improvements


Review Settings Introduced new personality profiles for code reviews

Users can now select between "Chill" and "Assertive" review tones to tailor feedback styles according to their preferences. The "Assertive" profile posts more comments and nitpicks the code more aggressively, while the "Chill" profile is more relaxed and posts fewer comments.

More Static Analysis Support

We are continually expanding our support for static analysis tools. We have added support for biome, hadolint, and ast-grep. Update the settings in your .coderabbit.yaml file or head over to the settings page to enable or disable the tools you want to use.

Tone Settings

Users can now customize CodeRabbit to review code in the style of their favorite characters or personalities. Here are some of our favorite examples:

  • Mr. T: "You must talk like Mr. T in all your code reviews. I pity the fool who doesn't!"

  • Pirate: "Arr, matey! Ye must talk like a pirate in all yer code reviews. Yarrr!"

  • Snarky Ex-Girlfriend: "You must talk like a snarky ex-girlfriend in all your code reviews. You're welcome."

Revamped Settings Page

We have redesigned the settings page for a more intuitive layout, enabling users to find and adjust settings quickly. This change was long-time coming; it not only improves the user experience but also allows our development team to add more settings in the future with ease. Going forward, the changes to .coderabbit.yaml will be reflected in the settings page, and vice versa.

2024/04/18

CodeRabbit now runs Static Analyzers and Linters as part of the pull request review


CodeRabbit now runs static analyzers, linters and provides one-click fixes for the issues identified. AI helps reduce the false positives and focus on the critical findings. CodeRabbit will respect the existing configuration files of these tools if they already exist in the project. For example, if your project already uses ruff and has a ruff.toml file at the root of the project, that will be used. In cases where project configurations are not found, CodeRabbit defaults will be used. Currently, CodeRabbit runs markdownlint, shellcheck, ruff, and languagetool. We will continue to add more tools. The default configuration can be changed through the .coderabbit.yaml file.

Are there any specific tools you'd like us to add? Let us know. We'd love to hear your suggestions!

2024/04/01

CodeRabbit is GDPR compliant


Excited to announce that CodeRabbit is now GDPR compliant in accordance with EU regulations!

2024/03/12

CodeRabbit now offers fixes for GitHub Check failures on pull requests.


CodeRabbit now offers fixes for GitHub Check failures on pull requests. With this change, Check Runs on GitHub that add Annotations to Pull Requests will be used. For example, popular GitHub Actions published by reviewdog (action-golangci-lint, action-staticcheck, action-eslint) and super-linter among many others have the ability to report issues on Pull Requests as annotations. Checks that output logs will be supported shortly. CodeRabbit GitHub App requires permission to read Checks for this feature to work. To enable this, please grant the necessary permissions by visiting the CodeRabbit GitHub app settings under https://github.com/settings/installations. Support for GitLab will follow.

2024/03/11

CodeRabbit is now SOC 2 Type II compliant!


Excited to announce that CodeRabbit is now GDPR compliant in accordance with EU regulations!

2024/03/02

Enhanced review of the markdown changes


CodeRabbit now offers a more comprehensive review of the markdown changes. In addition to the AI suggestions, we do a thorough check for spelling, grammar, word choice, language style, as well as improvements in paraphrasing and punctuation.

2024/01/17

Integration with self-hosted GitLab is now available.


CodeRabbit now offers integration for self-hosted GitLab. Refer the documentation for the setup - https://docs.coderabbit.ai/integrations/self-hosted-gitlab

2024/01/02

ディープインサイトの機能がベータ版を抜けました


再帰的な自律エージェントとして機能するCodeRabbitは、シェルスクリプトを使用してコードベース全体で複雑な操作を行い、変更を検証し、より深い洞察を提供します。

以下はいくつかの使用例です:

  • CodeRabbitの提案を後で実装することにしたいですか?ボットに問題を作成するように依頼してください。

  • ユニットテストを生成する - コメント@coderabbitai src/utils.tsのユニットテストを生成

  • PRコメントで、ボットに最新のコミット、頻繁に変更されるファイル、最近の寄稿者など、リポジトリに関する洞察を収集するように依頼してください

  • CodeRabbitのレビューコメントが対応されたら、ボットに知らせて、最新のコミットで検証できるようにしてください。

この機能がどのように使用されるかを本当に楽しみにしています、特にCLIコマンドにアクセスできるようになっています。プルリクエストのヒントにいくつかの提案がありますが、開発者がこの機能をどのように使用するかの追加の使用例を楽しみにしています。ご経験を共有いただけると嬉しいです。

2023/12/18

変更リクエストのワークフロー


CodeRabbitレビューの.coderabbit.yaml Yamlフィールドrequest_changes_workflowでCodeRabbitレビューのRequest Changesレビュー・ワークフローを有効にします(デフォルト:false)。有効にすると、レビューコメントがRequest Changesとして投稿され、すべてのレビューコメントが解決されるとCodeRabbitレビューが承認されます。

2023/12/05

学び


CodeRabbitは、今後、会話から学習してレビューを微調整することができます。不正確なフィードバックやコードベースに関連しないものがあれば、ボットに知らせると、将来の文脈を覚えておきます。コーディングの慣行や基準は時間とともに進化することを理解しています。チャットを使用して、ボットに通知すると、もはや関連しない既存の学習を削除します。この機能は、データの保存をオプトアウトしていない場合のみ機能します。


2023/12/05

コードベースの検証


全体的なコードベースの変更の参照を確認し、欠落している変更を特定します。


2023/12/05

JiraとLinearの統合


CodeRabbitにJiraとLinearを統合できるようになりました。これにより、プルリクエストのレビュー時に追加のコンテキストが利用できます。これらのシステムを使用している場合は、CodeRabbitを統合することをお勧めします。将来的にさらに多くの統合を追加します。

2023/12/05

関連する問題


コードの変更に影響を受けるすべての問題を特定します。これにより、全体製品への影響が理解できます。また、重複した問題を特定したり、既存の他の問題に与える影響を特定するのに役立ちます。この機能は、データの選択を取り消している場合には機能しません。


2023/11/05

Issue􏰀検証


問題の検証:

  • CodeRabbitのレビューでは、今後、プルリクエストの変更内容がリンクされたGitHubやGitLabの課題に対して評価できるようになります。JiraやLinearを含む他のワークフローシステムとの統合も開発中です。


2023/11/01

実行可能な提案


コードレビューコメント:

  • レビューコメントは、今後、プルリクエスト内で単一クリックでコミット可能な提案を投稿できるようになります。

2023/10/28

コマンドを解決する


解決コマンド:

  • @coderabbitai resolve を使用して、すべての CodeRabbit のレビューコメントを一度に解決済みとしてマークします。

2023/10/23

コードラビットコマンド


コードレビューの管理に関する追加のCodeRabbitコマンドの紹介。

  • レビューを一時停止:

    • 進行中のレビューを停止するには、PRコメントで@coderabbitai pauseを使用してください。

  • レビューを再開:

    • 一時停止したレビューを続行するには、PRコメントで@coderabbitai resumeを入力してください。

  • オンデマンドレビュー:

    • リポジトリの自動レビューを無効にして、オンデマンドレビューに切り替えてください。

    • PRコメントで@coderabbitai reviewを使用します。このコマンドは、リポジトリ設定で設定されているすべてのレビューフィルタを上書きし、一度だけのレビューを開始します。

  • ヘルプコマンド:

    • いつでもPRコメントで@coderabbitai helpを投稿すると、すべての有効なコマンドのリストを取得できます。

2023/10/12

YMLファイルを使用してCodeRabbitをカスタマイズ


CodeRabbitのカスタマイズが簡単になりました!YMLファイルを使用してリポジトリからCodeRabbitをカスタマイズできます。詳細は、CodeRabbitのカスタマイズに関する包括的なドキュメンテーションを参照してください。

2023/09/21

CodeRabbitのパスベースのレビュー手順


パスベースの手順

このセクションでは、グロブパターンを使用してプロジェクト全体または特定のファイルパスにカスタムコードレビューの手順を追加する方法について説明します。開発者はファイルパスに基づいて調整されたレビューガイドラインを提供することができます。 これらの手順は、標準的なレビューに加えて特定の手順に従ってほしい場合にのみ必要です。

概要

ファイルパスのプロンプトを追加すると、開発者はコードベースの異なる部分にカスタム手順を指定できます。 たとえば、ファイルタイプやディレクトリごとにスタイルガイドを強制したい場合があります。

使用例

path: **/*.js

instructions: Google JavaScriptスタイルガイドに準拠し、不一致があれば指摘してください。

path: tests/**.*

instructions: Mochaテストライブラリを使用して記述された次のユニットテストコードをレビューしてください。次の点を確認してください:Mochaに関連するベストプラクティスに適合しています。記述的なテスト名が使用されており、各テストの意図が明確に伝えられています。

メモ

  • パスはグロブパターンを受け入れます。

  • 一般的には、指示は特定の追加の手順に対してうまく機能します。ただし、何かをしないようにAIに指示する場合には効果的ではありません。

  • プルリクエストでのレビューフィードバックをテストし、必要に応じて調整してください。

2023/09/19

GitLab 統合のための CodeRabbit をご紹介


CodeRabbitは今、GitLabで利用可能です!私たちは多くの方々がこの統合を待っていたことを知っています。お待たせしました。無料トライアルにサインアップしてください!

CodeRabbit􏰁コードレビュー􏰀方法を変革する革新的なAI駆動型プラットフォームです。そ􏰀自動化されたコードレビューによって従来􏰀手作業による時間と労力を大幅に削減しなが ら、コード品質を向上させます。

CodeRabbit􏰁コード􏰀変更に対する洞察に満ちたフィードバックを提供し、コード􏰀効率や堅牢 性を高める改善案を提供します。

ニュースレターへ登録

CodeRabbit © 2023。

CodeRabbit􏰁コードレビュー􏰀方法を変革する革新的なAI駆動型プラットフォームです。そ􏰀自動化されたコードレビューによって従来􏰀手作業による時間と労力を大幅に削減しなが ら、コード品質を向上させます。

CodeRabbit􏰁コード􏰀変更に対する洞察に満ちたフィードバックを提供し、コード􏰀効率や堅牢 性を高める改善案を提供します。

ニュースレターへ登録

CodeRabbit © 2023。

CodeRabbit􏰁コードレビュー􏰀方法を変革する革新的なAI駆動型プラットフォームです。そ􏰀自動化されたコードレビューによって従来􏰀手作業による時間と労力を大幅に削減しなが ら、コード品質を向上させます。

CodeRabbit􏰁コード􏰀変更に対する洞察に満ちたフィードバックを提供し、コード􏰀効率や堅牢 性を高める改善案を提供します。

ニュースレターへ登録

CodeRabbit © 2023。